まな板・そば切り台の削り直し

新品のような香りと姿が蘇ります

ご自宅にある木製のまな板を新品の様に蘇らせます。

表面の鉋(かんな)がけと小口を薄く鉋がけすることで、古くなった表面が取り除かれ、新しい木肌が表に現れます。
当店でご購入頂いたまな板はもちろん、当店以外でご購入のまな板でも問題ありません。
お気軽にご相談ください。

※郵送での加工をご希望の方は電話にてお問い合わせ下さい。

30年使ったまな板の削り直し

そば打台の削り直しと反り修正

天然のそば打ち台は湿気等様々な要因で反りが生じます。
蕎麦を切るときにまな板が平らでないと蕎麦の切り残しが生じます。
当店では機械と手作業で反りをとり、表面の仕上げも行います。

注意点

・包丁などでできた深い傷もなくす事ができますが、その場合は傷が無くなるまで削ることになります。
その際は傷の深さ分まで厚みが減ることをご了承下さい。

・表面に焼き印や刻印の入ったまな板の場合、まな板を削り直す事で刻印等は無くなります。

・割れなどで汚れが奥まで入っている等、状態によっては取り除けない汚れもございます。



加工事例

6センチ厚のまな板
銀座木挽町のお寿司屋さんからのご依頼です。
サイズが大きく機械加工が出来ないため
すべて手作業で削りなおし致しました。

お問い合わせはこちら!

 DIY教室やってます!

お待たせ致しました
DIY教室スタートです
詳しくは写真をクリック!


Powered by Flips